携帯・デジカメ

ポメラで思い出したこと

それにしても、ポメラで打っていると昔懐かしいFMR-CARDを思い出す。まだFM-77AV40EXしか持ってなくて、FM-TOWNSさえも持ってなかったのに、外出先でバイトの原稿打ちしたくて買った、モバイルPCのはしり。モノクロ液晶にくっきり映る文字。といっても当時はTFT液晶じゃなかったと思うが。

今でこそ1Kg未満のPCは決して少なくないけれど、当時の990gという重量はPCとしては異常なくらい軽かった。おまけにボディの薄さもFDDドライブ内蔵の一般的なノートPCと比べてすごく薄かった。鞄に入れて持ち運べる真のノートPCというにふさわしかった(さすがにカードは言い過ぎ。けど他のノートを名乗るPCはノートというにはあまりにも厚くて重すぎた)。

当時は他にOASYS Pocketなんてのもあって、ポータブル機で富士通は神懸かってたな。OASYS Pocketとかモバイルギア(これはNEC)とか、未だに思い出している人がいるくらいだし。

そのあたりを愛用していた人からすると、ポメラを見て懐かしく思えるところがあるのかもしれない。

FMR-CARD使っていた当時はVZ Editor立ち上げて原稿打ち込んでいたよな。低スペックながらも実用性は充分で、楽しんで使っていたんだと思う。かなりの長文の原稿をものともせずに打ち込んで、原稿料収入だけでFMR-CARDの支払いも済ませてたりして。
そうそう、買ったFMR-CARDに関連した原稿も書いてたな。

ところでポメラの標準表示は24ドットというから、高解像度のFMRの漢字表示そのものだ。確かFMR-70シリーズだったと思う。もちろんPC-98シリーズにも高解像度機種はあったが、これもあまり普及はしなかった。

FMRって個人用でなく業務用だったのに、なぜか欲しくなった時期があった。いやぁ、懐かしいっすなぁ。当時の高解像度相当がこんなちっぽけな端末で表示できるというから、技術は進歩したんだな、みたいな。技術の進歩なんて何もこれに始まったことじゃないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラ再挑戦って何のこと?

なんで再挑戦かというと、昨日試しに帰宅途中でポメラチャレンジしたんだが、あまりうまく使えなかったというわけ。

使い慣れてなかったというのもあるし、駅のベンチで次の電車待つまでのかなり短い時間しかなくて慌ててたというのもある。

なので今日はカフェでじっくり時間がある時にやってみた次第。

時間あるんだから使えて当たり前なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラで打ち込みテスト

ポメラ再挑戦である

今度はベックスで飯の後に挑戦。椅子に座って行うのでだいぶましになったはず。
…と思ったら、革のカバーがじゃまになって足元が安定しない。これはDM20Y固有の問題だな。
手前っ側にべろーんと出すと、カバーの分だけ持ち上がってキーボードが不安定になる。
一方ディスプレイの向こう側に持っていくとディスプレイが開きにくくなるのだ。ディスプレイ開く角度に制約があるというわけ。

まぁ目線に持っていければ良しとするか。

革のカバーは割と柔らかいので、慣らしていけば安定する角度まで曲げられるようになるのかもしれない。それまで使い続けるべ。
右側キーボードの不安定さがDM10を試用しているときに気になったのだが、そこはさすがプレミアムモデルだけあってしっかりしている。気になるほどのしなりはなく、あえて支えの台を出さなくても大丈夫。そのままでも使えるのだ。DM10でなくDM20Yにして良かったと思えるポイントの一つ。
QRコード対応も良かったと思えるポイントの一つ。これがないとせっかく長文入力しても、iPhoneに持っていくことができず、iPhoneでATOK Padでも使って入力するか、microSD使える別のマシンを使うしかない、ということになる。AndroidなHTC Ariaに持っていくか、Windows Mobileな灰鰤に持っていくか、いずれにしてもめんどくさい。今のところ自分が使うメインの携帯機はiPhoneなわけで、それ以外を使う選択肢はかなり厳しい。

しかしDM20ならQRコード連携が使えるし、その上オフィシャルなiPhone専用ツールが用意されていて認識制度も速度も充分なパフォーマンスを披露してくれる。

おまけにそこからEvernoteやTwitterへ連携も簡単とくれば、全く問題はない。はてなダイアリーや他のブログなどへの投稿ならば、ワンクッション置くことにはなるものの、コピペで対応可能だ。

ストイックな文書入力ツールにQRコードなど無用という人もいるみたいだけど、個人的にはこれ大歓迎、というかむしろこれがなかったら買ってなかったかもしれない。実際DM10はあんなに(ソースネクストショップで期間限定7,980円だった。70%offという驚異的な割引率)安売りしてたのに、結局買わなかったんだから。

うん、まぁ確かにソースネクストのあの安売りがなかったら、ポメラに注意を向けることがなかったので、敬意を表するべきだったのかもしれん。かなり心揺らいで何度もカートに入れては削除を繰り返してたもんな。

最終的には諸々の機能で不満がつのって「やっぱ最上位機種買っておけば良かったじゃん!」と嘆く危険性が高かったので、もう充分安くなってるから買い時に違いないとDM20に目を向けるようになったのだが。

一度買おうという気になると、後に引けないのはいけないねぇ。まったく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOM解約しないよ

先の発表があるんで今使っている人の中には逃げ出す人もいるかもしれないけど、冷静に考えれば解約の必要性がないので今のところ解約する気なし。

サービスの質が低下して、パフォーマンス低下や料金値上げなどの事態が起きた場合か、いよいよ本当に停波ということにならない限り(あとはWILLCOMとは関係なく、個人的な懐状況次第)、解約する気ないんで。

多少、というかかなり贔屓入ってるんだけど。よそのキャリアが持ってないモノ、WILLCOMにはあるんで、まだ見捨てたくない。まだあきらめたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOMが…

とうとう…この日が来たか。

リンク: WILLCOM|会社更生手続開始の申立に関するお知らせ.

株式会社ウィルコムは、本日開催の取締役会において、会社更生手続開始の申立を行うことを決議し、東京地方裁判所に申立を行い、直ちに同裁判所より保全処分、監督命令兼調査命令等の諸命令の発令を受けました。なお、弊社が進めてまいりました、産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法所定の特定認証紛争解決手続(以下、「事業再生ADR手続」といいます)につきましては、本申立に先立ち、同手続の終了が決定されました。

契約数の純減が止まらない状況で、さらにXGPへの設備投資をしなきゃならないのはさすがに厳しかった、というところか。

とはいえサービス継続していくわけで、頑張っていただきたいところ。

それと、ソフトバンクは支援してくれる方向みたいだけど、欲しかったXGPだけもらって後はポイ、とか、PHS終了で契約者全員をSBMへキャンペーンで移行とか、そういう「おいしいとこ取りで他は知らん」ってな真似だけはやめてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うええ

iPhone 3GS発売されたね。でも欲しい32Gは予約なしでは在庫ないから買えないね。まぁ予約すればいいんだろうけど。

K-7発売されたね。でも去年K20D買ったばっかりだよね。そんなにボディばかり変えてどうするよ。

…物欲退散!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K20Dのファームウェアが更新されてる

リンク: PENTAX Firmware Update Software for K20D|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア|PENTAX.

SR(シェイクリダクション)の精度が向上しました。

しまった、いつの間に。久しく更新がなかったから、枯れてるものだとばかり思ってた。手ぶれ補正の精度向上ということだけど、どれくらい良くなってるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国内版パンダ一眼キター

やっぱり国内版出したな。

リンク: PENTAX K-m white レンズキット ーホワイトカラーの限定モデルー|PENTAX.

うさぎとかパンダとか、牛とか、白黒のブチなだけに、やっぱそういうイメージなのね。久しくこういうカラーリングの無かったからこれはこれでありかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パ、パンダ一眼…

リンク: ペンタックス、白ボディの「K-m」ダブルズームキットを海外で発表.

ペンタックスは、デジタル一眼レフカメラ「K2000」の限定版として、ホワイトカラーの「K-2000 Limited Edition」を米国で発表した。米国で2009年2月に発売する。

パンダ一眼かYO!
これ国内で出す予定はあるんかいな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

FA50mm買っておくか

リンク: ペンタックス、FAレンズとAレンズを2月に値上げ.

ペンタックスは21日、2009年2月2日から交換レンズのFAレンズおよびAレンズのメーカー希望小売価格を改定すると発表した。

DAレンズの方は最近の原材料価格に合わせた価格になっているだろうから対象外だけど、AレンズとかFAレンズは昔からずっと同じ価格できてたからねぇ。やはり原材料高騰のご時世で価格を維持するのは難しいってことか。

FA Limitedはいいレンズかもしれないがどうせ手持ちないし、すぐに買えるほど安くないからもうあきらめた。せめて一番明るいレンズのFA50mmくらいは買っておこうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧