« 腕時計は5分進めて | トップページ | ポメラ再挑戦って何のこと? »

ポメラで打ち込みテスト

ポメラ再挑戦である

今度はベックスで飯の後に挑戦。椅子に座って行うのでだいぶましになったはず。
…と思ったら、革のカバーがじゃまになって足元が安定しない。これはDM20Y固有の問題だな。
手前っ側にべろーんと出すと、カバーの分だけ持ち上がってキーボードが不安定になる。
一方ディスプレイの向こう側に持っていくとディスプレイが開きにくくなるのだ。ディスプレイ開く角度に制約があるというわけ。

まぁ目線に持っていければ良しとするか。

革のカバーは割と柔らかいので、慣らしていけば安定する角度まで曲げられるようになるのかもしれない。それまで使い続けるべ。
右側キーボードの不安定さがDM10を試用しているときに気になったのだが、そこはさすがプレミアムモデルだけあってしっかりしている。気になるほどのしなりはなく、あえて支えの台を出さなくても大丈夫。そのままでも使えるのだ。DM10でなくDM20Yにして良かったと思えるポイントの一つ。
QRコード対応も良かったと思えるポイントの一つ。これがないとせっかく長文入力しても、iPhoneに持っていくことができず、iPhoneでATOK Padでも使って入力するか、microSD使える別のマシンを使うしかない、ということになる。AndroidなHTC Ariaに持っていくか、Windows Mobileな灰鰤に持っていくか、いずれにしてもめんどくさい。今のところ自分が使うメインの携帯機はiPhoneなわけで、それ以外を使う選択肢はかなり厳しい。

しかしDM20ならQRコード連携が使えるし、その上オフィシャルなiPhone専用ツールが用意されていて認識制度も速度も充分なパフォーマンスを披露してくれる。

おまけにそこからEvernoteやTwitterへ連携も簡単とくれば、全く問題はない。はてなダイアリーや他のブログなどへの投稿ならば、ワンクッション置くことにはなるものの、コピペで対応可能だ。

ストイックな文書入力ツールにQRコードなど無用という人もいるみたいだけど、個人的にはこれ大歓迎、というかむしろこれがなかったら買ってなかったかもしれない。実際DM10はあんなに(ソースネクストショップで期間限定7,980円だった。70%offという驚異的な割引率)安売りしてたのに、結局買わなかったんだから。

うん、まぁ確かにソースネクストのあの安売りがなかったら、ポメラに注意を向けることがなかったので、敬意を表するべきだったのかもしれん。かなり心揺らいで何度もカートに入れては削除を繰り返してたもんな。

最終的には諸々の機能で不満がつのって「やっぱ最上位機種買っておけば良かったじゃん!」と嘆く危険性が高かったので、もう充分安くなってるから買い時に違いないとDM20に目を向けるようになったのだが。

一度買おうという気になると、後に引けないのはいけないねぇ。まったく。

|

« 腕時計は5分進めて | トップページ | ポメラ再挑戦って何のこと? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポメラで打ち込みテスト:

« 腕時計は5分進めて | トップページ | ポメラ再挑戦って何のこと? »