« 魔法とHのカンケイ。ページが微妙に更新 | トップページ | FireFox1.0PR版の日本語版登場 »

ネーミングセンスの問題なのか、あるいはこれが最適なのか

K A N O U . J P: 「ひまわり」をさわってみた

付属のひまわりエディタも良くできていて、ちょっとしたもの作るなら、当然ですが Java よりも数倍生産性が高いです。日本語なだけに HSP よりも全然簡単です。

確かに「ひまわり」という名前からは、幼稚園のクラスのネーミングにつながって、イコール幼稚という連鎖になっちゃうの無理ないよナァ。実装している機能はかなり凄いみたいなんですけどね。

個人的にはVisualC++でずーっと来てるのでCOMだろうがなんだろうがこれで逝ってやるぜ!な感じなんですが、時々VisualBasicとかこういうスクリプト言語がうらやましーと感じることはあるんですよ、ええ。

使わない最大の原因は、会社で仕事として使えないって事かなぁ。個人用のちょっとしたツール作るのに使うのならいいのかもしれないけど、それよりは面倒でも難しくてもC++で作ってスキル磨く方がましかなーと考えちゃうあたり、頭が古いんだろうな。

きっと新しい言語とか覚えられないだろうから怖がってるんだね…ってオレの心の声を読むな~っっっ!

|

« 魔法とHのカンケイ。ページが微妙に更新 | トップページ | FireFox1.0PR版の日本語版登場 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネーミングセンスの問題なのか、あるいはこれが最適なのか:

« 魔法とHのカンケイ。ページが微妙に更新 | トップページ | FireFox1.0PR版の日本語版登場 »