« ココログの強力なライバル出現 | トップページ | 「ゲーム脳の恐怖」の恐怖? »

VisualBasicによる囲い込み作戦

Opinion:愛すれど悲し、Visual Basicは罪作り

自分では、昔からCを使いはじめてからずっとCで来ている(今はC++だけど)こともあり、VisualBasicはほとんど手を出さなかったのだけど、VBはCというかVisualC++よりもMicrosoft製品との相性が良くなるよう作られているのが非常にうらやましく思えたものでした。COM(あるいはActiveXとかOCX)の扱いやすさは比較するだけ野暮です。それはRADツールとしては当然の進化だったのでしょう。

ただ、徹底的にMicrosoftべったりにならざるを得ないところが問題で、それがこのコラムに現れているわけです。

囲い込みという言い方には少し偏見が入っているかもしれないけど、結果としてそれに近い状態になっているのはほぼ間違いないところでしょう。今更他のデバイスやプラットフォームとの共存をしようとしようにも、茨の道が待っているわけですから。

じゃあ、こういう状態に陥った人たちをうまくすくい上げる方法があれば、ハッピーになれるのか?といえば正直よく分かりません。変に共存だのマルチベンダだの考えなくても、Microsoft依存型でも、高コストでもいいじゃんと思うなら、現状のままがベスト(つか、それしかない)なことだけは明かではありますが、さて…。

|

« ココログの強力なライバル出現 | トップページ | 「ゲーム脳の恐怖」の恐怖? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VisualBasicによる囲い込み作戦:

« ココログの強力なライバル出現 | トップページ | 「ゲーム脳の恐怖」の恐怖? »